メニュー

カタログ

第一章 オーネストの概要とエンジニアリング

No.項目概要
1919 オーネストの紹介 オーネストが目指しているシステムインテグレーションの形態及び適正コストでのシステムをご提供します。そのための構築組織、品質管理についてまとめています。
1715 品質管理手法 当社の第一目標が「出荷品質精度100%のシステムを出荷する」という事で、厳密な出荷検査を行っています。

第二章 電気計装技術

No.項目概要
1703 「オーネストのDCS技術」 CENTUM・PCS7等の各種メーカーのDCSを用いて、計装システムの新規構築・リプレースに対応しています。
1924 オーネストのCENTUM実績 当社のシステムインテグレーションの中で日本有数のDCSシステムであるCENTUMの諸プロジェクトに対応する機会が、お客様の要望により最近増えつつあります。
1704 オーネストの計装DCS高速データ収集機能 日本有数のDCSシステムであるCENTUMからのデータを高速に収集し、トレンド表示及び解析に適応するデータ収集・処理システムです。
2035 CENTUMからMELSEC計装への置換技術 計装DCSとして適用されるCENTUMは製造業において客先設置実績が多い中、近年CENTUMからMELSEC計装への置換依頼が増えてきています。
1708 オーネストの海外製品対応技術 オーネストのSIの特徴は、従来メーカーでは出来ない、海外のDCS・PLCに対応出来ることです。特にSIEMENSについては、多くの構築実績を持っています。
1925 オーネストのシーメンス製DCS対応技術 シーメンス製DCS計装システムは主に海外向けユーザーへ多く適応されていましたが、最近では日本国内のDCS計装制御システムへの適応も検討され脚光を浴びています。
1930 オーネストのシーメンス製DCS国内適応版「PCS7-ON型」 操作性・機能性及びエンジニアリングを国内製DCSと同等のレベルにした海外製DCSです。
1929 オーネストのPLC計装対応技術 電気・計装の両機能を持つPLC計装は、コストが安く多様な機能が実現できます。オーネストは№1の構築実績を持っています。
1710 オーネストのPLC対応技術 国内及び海外のほとんどのPLC(廃機種になったPLCも含む)についてのシーケンスメイク及びリプレースに対応可能です。
1709 オーネストのSCADA対応技術 製造現場で使われる画面表示・グラフィック表示のツールである、inTouch・i-FIX等の各種SCADAを駆使できます。
1928 YEWMACリプレース技術 FAコンピュータYEWMACはマルチタスクでシステム中枢部に使われ、関連の取り合いも多く、そのリプレースは非常に難しく慎重に行う必要があります。当社のリプレースの実績を基にリスクのないリプレース方法をまとめました。
1706 「安川電機製GLシリーズリプレース」 後継機種のない安川製PLC(GL)のリプレースを可能にしました。

第三章 データ処理技術

No.項目概要
2033 オーネストの上位系システム構築技術の紹介 上位系システム開発における当社の保有スキルと開発手法及び推奨するF・IoTについて紹介します。
1702 高機能型データ収集システム「MASCOT2015」 データ処理収集機能(データロガー)の各パーツ機能をモジュール化し、パッケージとしてまとめた高性能廉価のデータ収集システムです。
1707 オーネストの多機種対応技術 バーコードリーダー・WEBカメラ等のシステム現場機器をネットワーク化して、製造現場の操業管理に対応させたシステム例を多数紹介します。
1714 モバイル監視システム スマートフォン・タブレット等のモバイル端末を適用し、現場オペレーターの操作性を向上した監視支援システムです。
1713 操作支援システム 製造現場のオペレーターの操作を支援するガイダンス機能や異常復旧処理機能などの標準モジュールを多数保有しています。
1711 リプレース対応技術(PC編) 廃機種になったPC98・VB等を最新のハード・OSにリプレースすることが可能です。
2036 GxP Logger 「CFR Part11・ER/ES指針 規制準拠」したLOGGERシステムです。
1712 通信G/Wシステム

システムの更新時の機器の違いによる通信不適合の問題を異機種結合技術で解決します。

第四章 アプリケーション・共通技術

No.項目概要
1927 「オーネストのMES対応技術」 MES機能は本来製造業の上位システムと下位の装置制御機能との中間に位置する機能ですが、その構築は困難であり導入効果が得られない場合があります。導入のポイントと機能をまとめました。
1923 トレンド解析システム 工場で表示記録されている多数のプロセストレンドデータの変化状況の比較、傾向、相関など加工解析を可能にしたソフトモジュールです。
1705 操業性能解析システム 工場の「生産と品質」を上げるために現状解析を行い、データを採取し、その改造プランをシステム化することで、大幅に歩溜りを改善できます。
1817 設備機器管理 プラントにおける、現場機器・予備品管理等のメンテナンスに使われている管理用のシステムで、管理レベルに応じた見積対応が可能です。
1926 「異常発生対応・点検」支援システム メンテナンス作業においての異常発生時の対応手順や原因究明などのメンテナンスノウハウを表示・可視化し、故障の木解析機能による診断機能を電子化しています。
1931 CMMS(集中メンテナンス管理システム) 従来のメンテナンスシステムではできなかったトラブル解析や、保全予知も行う事ができる、総合的なメンテナンス業務に特化したシステムです。
1920 POPシステム 工程進捗、出来高管理などの生産ラインの情報収集と解析表示のためのPOPシステム。その導入の工場的規模の選択とシステム的縦方向のバリエーションが豊富に選択できます。
1932 オーネストの医薬案件の取り組みと実績 医薬品のシステム構築は、CSV対応が可能なことが前提条件となっており、当社は各種医薬品・漢方薬製造メーカーに納入実績があります。カテゴリー3についても対応可能です。
1922 MLCSを使用した空調制御システム ㈱制御技研が設計開発した省エネ型空調管理制御システムについて、当社がソフト設計、製作、現地試運転の助勢を行っています。
1921 コスパを重視した監視帳票システム SCADA機能と帳票機能が必要なシステムに対して、コストパフォーマンスを重視したSCADAと帳票ソフトの組合せを提案します。
1613 ファジーPh制御システム(不可能を可能にする…) 非線形特性を持つ、従来のPID制御では出来ない工場排水pH制御を可能にしたアドバンスト制御の紹介です。
1701 「小規模」排水用pH制御システム よく見られる小工場の滞留排水pHを制御する目的で開発された特殊なシステムです。

(2018年5月現在)

Copyright© 株式会社オーネストAll Rights Reserved. login